日和見菌の読み方は?なんて読むの?

日和見菌の読み方は?なんて読むの?

皆さんの腸の中には『善玉菌』と『悪玉菌』が存在しているのは知っていますよね?
それともう1つ『日和見菌』って菌も存在しているんです。
読み方は『日和見菌(ひよりみきん)』と読みます。
日和見菌は腸内環境状態によって、いい働きもするし、悪い働きもするんです。

 

どういうこと??

 

例えば、善玉菌の数が悪玉菌の数に比べて多い場合は日和見菌は善玉菌の味方をします。

 

反対に、悪玉菌の数が善玉菌の数に比べて多い場合は日和見菌は悪玉菌の味方をします。

 

なんだか都合のいい奴ですよね。笑)

 

腸内環境が悪玉菌優勢になると便秘をはじめ様々な身体の不調が出てきます。

 

●お腹が詰まっている・・・
●どんよりする・・・
●身体がだるい・・・
●肌トラブルが続く・・・

 

毎日、こんな症状はありませんか??
このような症状が続いている方は腸内環境が悪玉菌優勢になっている可能性が高いです。

 

腸内には様々な細菌が存在しています。
善玉菌はあなたの身体の状態をいい方向に運んでいきますが、悪玉菌は反対に悪い方向に運んでいきます。

 

悪玉菌優勢の状態が進むと病気になったりもします。
身体の免疫力も低下するので、善玉菌優勢の状態にしておきましょう。